用語集顎変形症使用アイキャッチ

顎変形症は、顎の骨格における異常な成長や発達によって引き起こされる状態で、これにより顔の審美的な調和が失われるだけでなく、口腔内の基本的な機能にも影響を及ぼします。主に下顎、頬骨、上顎の異常が見られ、これらの骨の成長不足または過成長が原因で、噛む、飲み込む、話すといった日常的な活動に困難をもたらすことがあります。さらに、この状態は口角の位置の変化や顔の非対称性といった外見上の問題を引き起こす可能性もあります。


顎変形症の典型的な症状

1. 下顎の過成長

医学用語で「マンディブラー・ハイパープラジア」とも呼ばれるこの状態では、下顎が過剰に成長し、通常よりも顕著に前方に突出します。これにより、顔のプロファイルが不自然に見えることがあり、口腔内のスペースが不均衡になり、噛み合わせが正しく行われないことがあります。

2. 頬骨の不調和成長

顔の非対称性を引き起こす主要な要因の一つとして、頬骨の片方が他方よりも大きく成長することがあります。これは顔の全体的なバランスを崩し、患者の自己意識や社会的な自信に影響を与えることがあります。

3. 上顎の不足成長

「マキシラリー・ハイポプラジア」と呼ばれるこの状態では、上顎の成長が不十分で、下顎に比べて小さく見えることがあります。これにより、上顎が後退し、下顎が相対的に突出する「反対咬合」と呼ばれる状態が発生することがあります。


これらの症状を診断し治療するためには、総合病院や専門の口腔内科での精密な検査が必要です。診断プロセスには、X線、CTスキャン、MRIなどの画像診断技術が用いられ、顎の骨格の詳細な画像が提供されます。これにより、整形外科医や歯科医は顎の正確な状態を把握し、適切な治療計画を立てることができます。

治療方法としては、主に以下の二つがあります。

・矯正治療

装着型の矯正器具を利用して、段階的に歯並びと顎の位置を修正します。この矯正治療は通常、長期間にわたり行われ、患者の口腔内の状態に応じて個別に調整されます。

・整形外科手術

より重度の顎変形症の場合、顎の骨を切断し、理想的な位置に再配置して固定する外科手術が行われます。この手術は、顎の機能を根本から改善し、顔貌を整える効果があります。手術後は補綴治療も併用されることが多く、補綴物によって噛み合わせや顎の動きをさらにサポートします。


顎変形症の治療は、整形外科医、口腔外科医、歯科医など、さまざまな専門医が連携して行う必要があります。治療は患者一人ひとりの具体的な症状や顎の状態に応じてカスタマイズされ、機能的な改善と審美的な満足のための総合的なアプローチが取られます。このような包括的な治療プロセスを通じて、患者の生活の質(QOL)の向上と社会的な自信の回復を目指します。