用語集ブラキシズム使用アイキャッチ

ブラキシズムは、睡眠中に無意識のうちに歯を食いしばったり、歯をこすり合わせたりする行為を指し、一般に「歯ぎしり」としても知られています。この状態は、ストレスや不安、睡眠障害、あるいは咬合の不具合など、多岐にわたる要因によって引き起こされることがあります。日常生活においてしばしば見過ごされがちですが、放置すると歯や顎の健康に深刻な影響を与える可能性があります。


ブラキシズムの影響

ブラキシズムにはさまざまな身体的影響が伴います。最も一般的なのは、歯の損傷です。強い力で歯をこすり合わせることで、歯のエナメル質が削れたり、歯が欠けたり、時には歯が割れることさえあります。また、この行為は顎関節にも大きな負担をかけ、顎の痛みや顎関節症の発症につながることがあります。さらに、顎の筋肉が過度に緊張することで、頭痛や首の痛みが引き起こされることもあります。

ブラキシズムの原因

ブラキシズムの原因は多岐にわたりますが、主なものとして以下のようなものがあります

・ストレスと不安

精神的なストレスや不安が高まると、人は無意識のうちに歯を食いしばることが多くなります。

・睡眠障害

睡眠中の呼吸障害や睡眠不足も、ブラキシズムを引き起こす可能性があります。

・咬合の問題

歯並びやかみ合わせの悪さも、ブラキシズムの一因となることがあります。

ブラキシズムの診断と治療

ブラキシズムの診断は通常、歯科医の診察によって行われます。歯科医は歯の摩耗具合を調べたり、顎の動きを確認することで、ブラキシズムの兆候を検出します。治療法としては、以下のような方法があります。

ブラキシズムは、単独の症状として現れることもありますが、他の健康問題の兆候であることもあります。したがって、この症状に気づいた場合は、早めに専門医の診察を受けることが大事です。