用語集睡眠時無呼吸症候群使用アイキャッチ

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、SAS)は睡眠中に呼吸が一時的に停止する医学的な状態です。これには主に三つの形態があり、それぞれ異なる原因と特徴があります。多くの患者が自覚症状に気づかずに長期間放置してしまうため、健康への悪影響が徐々に進行してしまうことが一つの問題点です。


睡眠時無呼吸症候群の3つの形態

1.閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea、OSA)

このタイプは最も一般的で、睡眠中に喉の筋肉がリラックスしすぎることで上気道が狭くなり、最終的には完全に閉塞してしまいます。これが繰り返されることで、睡眠の質が大幅に低下し、繰り返し目を覚ますことになります。患者は通常、激しいいびきをかいていることが多く、これが初めての診断指標になることがあります。

2.中枢性睡眠時無呼吸症候群(Central Sleep Apnea、CSA)

CSAは、脳からの呼吸を制御する神経信号の伝達が一時的に失われることによって起こります。このタイプでは、呼吸筋が動かされず、その結果、呼吸が一定期間停止します。CSAは、特に高齢者や心不全を持つ人々、または高地に住んでいる人々の間でより一般的に見られます。

3.混合型睡眠時無呼吸症候群

混合型は、閉塞性と中枢性の特徴を併せ持つ症候群です。治療開始時は閉塞性の特徴が支配的であることが多いですが、治療を進めると中枢性の特徴が顕著になることがあります。

症状としての特徴

睡眠時無呼吸症候群の主な症状は、夜間の頻繁な覚醒、昼間の過度の眠気、朝の頭痛、性格の変化、注意力の散漫などがあります。これらの症状は、日常生活の質の低下を引き起こし、仕事や運転中の事故につながる危険性があります。

健康への影響

未治療の睡眠時無呼吸は、心血管疾患、高血圧、糖尿病、脳卒中のリスクを増加させる可能性があります。これにより、全体的な生命予後が悪化することが知られています。

治療法

治療の第一歩としては、体重の管理、喫煙の禁止、アルコールの摂取を避けることが勧められます。さらに進んで、CPAP(持続的陽圧呼吸器)が使用されることが多く、これは睡眠中に一定の圧力で空気を送り込むことで気道が開いた状態を保ちます。また、口腔内装置や手術を必要とする場合もあります。重要なのは、専門医による適切な診断と個々の患者に合った治療プランの確立です。